本文へスキップ

山科コンタクトは、コンタクトレンズを専門とするショップです。

電話でのお問い合わせはTEL.075-592-1581

〒607-8141 京都府京都市山科区東野北井ノ上町2−4

はじめようコンタクトレンズnew

コンタクトレンズのメリット

コンタクトレンズを使い始めると、物や風景が良く見えるようになるだけでなく、日常生活の様々な場面でメリットを感じることができるようになります。


  • メガネより視野が広く、フレームが気になったりすることもない。
  • メガネのように物の実際の大きさが変わったり、ゆがんだりしない。
  • 激しい動きにも、メガネのようにずれる心配がない。
  • 雨や湯気にも、メガネのようにくもらない。
  • 顔の印象が変わらず、素顔のままの自分でいられる。
  • 使い捨てのコンタクトレンズなら万が一紛失や破損してしまった場合でもすぐに交換でき、経済的。
  • 使い捨てワンデータイプのコンタクトレンズなら旅行や出張の時でもスペアがあるので安心。普段はメガネでも、スポーツするときや旅行、週末出かけるときだけコンタクト、という使い方もできる。

コンタクトレンズの種類

大きく分けて、ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズの2種類あります。

  • ソフトコンタクトレンズ(使い捨てコンタクトレンズ)

    水分を含んでやわらかくなる素材で作られているレンズです。
    角膜全体を覆うため、自然な装用感が得られ、動きの激しいスポーツ時などでもずれたり外れたりしにくいのが特徴です。
    最近では、従来の素材と比べて酸素透過性に優れた「シリコーンハイドロゲル」という新素材で作られたレンズが、次世代のソフトコンタクトレンズとして注目されています。

   
  • ハードコンタクトレンズ

    素材に水をほとんど含まない固いプラスチック製のレンズです。素材の分子レベルのすき間を通して角膜に酸素を供給します。光学特性に優れ、シャープな視界が得られる特長がありますが、固い素材を使用しているため、装用開始時に異物感(レンズが目の上で動きゴロゴロしたりする感じ)を感じたりすることもあります。


レンズの交換頻度による選び方

交換頻度によるコンタクトレンズの種類には、大きくわけて1枚のレンズを2年くらい使用する従来型タイプと、短期間で新しいレンズに交換する使い捨てタイプの2種類に分かれます。ハードレンズも従来タイプの一種です。
山科コンタクトでは、従来タイプのソフトレンズは取り扱っておりません。

使い捨てタイプは、レンズに蓄積される汚れが目に与える悪影響を抑えることができ目の健康にも理想的な上、紛失や破損などのトラブルにも心配がいらないため最近の主流となっています。使い捨てタイプには、1日使い捨て(1dAYタイプ)、2週間交換(2weekタイプ)、1ヶ月交換などがあります。ご自分に合ったタイプのレンズをお選びください。

☆主な使い捨てタイプの種類

1日使い捨てタイプ
毎日、新しいレンズに交換します。レンズケアは一切不要。目から一度外したレンズは再使用できません。1箱30枚入りとお得な90枚入りがあります。
2週間交換タイプ
2週間(14日間)ごとに新しいレンズに交換します。毎日、目から外した後にはレンズケアを行います。1箱6枚入り(3ヶ月分)
1ヶ月交換タイプ
1ヶ月ごとに新しいレンズに交換します。2週間交換と同様に毎日レンズケアを行います。1箱3枚入り(3ヶ月分)


次へ
  購入すには

shop info店舗情報

(有)山科コンタクト

〒607-8141
京都府京都市山科区東野北井ノ上町2−4
TEL.075-592-1581
FAX.075-592-1581

営業時間 
 平日 AM 9:30〜13:00
    PM 16:00〜19:30
 土日 AM 9:30〜13:00
定休日 木曜・祝日